ノマド夫婦の旅日記 Vol.7 東北北海道ノマドキャンプ南下編(おまけつき)

皆さん、こんにちは!ノマド夫婦です。いよいよ8月、北海道も本格的な夏を迎えています。

【ノマド夫婦 nomadhoof】

  • しん

  • まこ

    まこ

  • 【伸(しん)】
    仕入旅ならタダで海外に行けるかも!と
    アミナコレクションで33年勤めた元パックパッカーが、
    現役パックパッカーになりました。
  • 【まこ】
    ヨガの先生。パックパッカー生活は初めて。

※section1~7の東北北海道ノマドキャンプ生活編はこちら

※section8~16の北海道ノマドキャンプ生活編はこちらこちら

section17. 道南 七飯町「東大沼キャンプ場」

東北北海道ノマドキャンプ南下編
しん

道南、函館近郊まで戻ってきました。北海道最後のキャンプサイトは「東大沼キャンプ場」。

まこ

まこ

5月、北海道最初のキャンプ地「湯の沢水辺公園キャンプ場」の次に「東大沼キャンプ場」に行こうとした日に、なんと、ヒグマの目撃情報でキャンプ場閉鎖のニュースが!

しん

そう、だから函館方面に戻ってきたら、必ず行こうと思っていた大人気のキャンプ場です。
大沼と言っても沼というより大きな湖。湖畔の高原リゾート感は、関東で言うところの富士五湖の様なポジション。しかもこのロケーションで無料です、予約も受付も必要なし。

  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
まこ

まこ

北海道駒ヶ岳のハイキングも楽しかったね。お天気も良く、眼下に大沼を一望出来て気持ち良かった~

しん

七飯町の「道の駅・なないろななえ」は、さすが北海道一と言われるだけあって居心地が良かったね。無料WIFIにもお世話になりました。

  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
まこ

まこ

七飯町は男爵イモ発祥の地。新鮮な男爵イモとバターで作った「じゃがバター」は最高に美味しかったね。(もちろん素材を買って自分で料理したよ)

しん

そして再びフェリー(最短航路)に乗って本州へ。大間崎から下北半島を走り抜け、小川原湖に向かいます。

section18. 青森県 東北町「わかさぎ公園浜台キャンプ場」

まこ

まこ

8月に入って気温急上昇!北海道や東北の夏は涼しいのかと思っていたけれど、暑くなるのが関東より遅いだけで、ピークの暑さはほぼ同じに感じました。

しん

エアコンがないキャンプ生活、そんな時は水に入るしかないよね。

  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
まこ

まこ

ここ小川原湖は湖水浴をしながらシジミが採れるよ!人生初のシジミ採り~

しん

ザルを片手に潜っては採りの繰り返し、二人とも一度始めると熱中して全然戻ってこない。

まこ

まこ

子供かよ⁉ 立派なシジミが沢山採れて、連日シジミ料理三昧でした。キャンプ場もシジミも無料で幸せ過ぎるね。

  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
しん

収穫期を迎えて道の駅には夏野菜が並び始めました。ピチピチ元気な夏野菜がパンパンに入って100円とか信じられない位に激安!

まこ

まこ

エネルギーがたっぷり詰まっていて、激うま!

  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編

section19. 青森県 十和田八幡平国立公園 「酸ヶ湯キャンプ場」

  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
まこ

まこ

ヒバ千人風呂で有名な酸ヶ湯温泉。徒歩圏内のキャンプ場に泊まったね。

しん

海に近い小川原湖のキャンプサイトは朝から強風で耐え切れず、早めの撤退・移動になりました。
 酸ヶ湯は八幡平山中にある、三百年以上の歴史を持つ情緒たっぷりな湯治場です。

まこ

まこ

「今、酸ヶ湯にいるよ」って母にラインしたら、「私達の新婚旅行先よ」って返信が来てびっくり!知らなかった~(笑)

しん

ちょうどお盆休みの時期で、ファミリーもライダーズも賑やかだったね。
そんな中、野生のアナグマくんも遊びに来ました。

まこ

まこ

かわいかったね~

  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編

section20. 青森県 弘前市「九渡寺のキャンプサイト」

  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
しん

白神山地近くの無料キャンプ場を検索して、弘前市の「九渡寺のキャンプサイト」を選びました。

まこ

まこ

キャンプ場オーナー伊藤さんの手作りキャンプサイト、野菜畑もあります。ダンディーな伊藤さんが「俺の畑の野菜、好きなだけ採って食べていいぞ!」♡かっこ良過ぎます!有難く収穫させていただきました。

  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
しん

団塊世代、職人親方のやんちゃな伊藤さんと、車・バイク・機械好きで意気投合。毎日沢山語り合いました。とは言っても9割は伊藤さんが話してたかな..本格津軽弁は半分位しか聞き取れなかったね。

なとわ・えさん道の駅サイド、海岸沿いでキャンプ

白神山地にトレッキング

  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
まこ

まこ

このキャンプサイトから世界遺産・白神山地にトレッキングに行ってきました。

しん

さすが世界遺産ですね、一般的な山域なら自力で滝を登らなければ辿り着けないような奥地まで、しっかりと安全な遊歩道が整備されています。

まこ

まこ

猛暑のトレッキングだったけど、滝のしぶきを浴びて暑さが吹っ飛んだ~本当に気持ちが良かった!

  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
しん

白神山地、ブナの自然林、必ず行きたかった場所に来られて幸せです。今回行けなかったエリアには、また次回行く事にしてそろそろ秋田県へ向かいます。

section21. 秋田県 男鹿半島「ホテルきららか野営場」

  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
しん

うちにもいました秋田犬。愛娘・風子30キロ。約14年間一緒に暮らしていたね。

なとわ・えさん道の駅サイド、海岸沿いでキャンプ
まこ

まこ

秋田犬が大好きだから秋田県の大館市に行きたかった。秋田犬発祥の地・大館「秋田犬の里」で秋田犬に会えました!

しん

そのまま南下して男鹿半島のキャンプ場へ。日本海に沈む夕日が見られる最高のロケーション。

  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
まこ

まこ

八月も後半。日中は暑すぎて、男鹿半島の水族館「GAO」へ涼みに行ったら、思いがけずレベルの高い水族館で一日楽しめました。GAOおすすめです。

しん

この時期にキャンプをする人には「ホース2メートル」を持ち物リストに加える事を強くお勧めします。水場の蛇口に繋いでのオープンエアセルフシャワー、まあ水浴びですね。エアコンのないキャンプ生活には必要不可欠ですよ!

section22~24. 新潟県 村上市「二子山森林公園」
上越市「大池いこいの森キャンプ場」「南葉高原キャンプ場」

  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
まこ

まこ

日本海側を南下します、山形県を過ぎて新潟県に入りました。新潟県と言えば日本有数の米所。美味しい日本酒もいただけます。

しん

移動中、ひたすら田んぼが続く新潟県。黄金色に輝くとても美しい日本の原風景。ちょうど収穫も始まった時期だったね。最初に泊まった「二子山森林公園」は、新潟県北部村上市にあります。新潟県は関東人からして身近なイメージですが、ここ村上市は、ほぼ山形市・仙台市の緯度です。海岸沿いに新潟県はとっても長い、なんと南北に全長250キロ!

まこ

まこ

関東でも猛暑が続いていた頃だけど、新潟県二か所目の「大池いこいの森キャンプ場」の大池(貯水池)はだいぶ水位が下がっていたね。 暑さを凌ぐには標高を上げるのが一番だと気づいて、高原に移動することにしました。標高950mの南葉高原キャンプ場は上越市内より約6℃気温が低く、街を見下ろせる絶景のキャンプ場でした。夜景も最高!

  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編

section25. 長野県 辰野町「蛇石キャンプ場」

しん

上越市から長野県に入ると、ただいま~おかえり~って感じです。馴染みの戸隠エリアもすぐ近く。

まこ

まこ

美味しい蕎麦県!

しん

一気に下って(もちろん有料道路は使っていません、All byしたみち継続中)、南信州伊那谷の辰巳町へ。馴染みの無料キャンプ場「蛇石キャンプ場」に到着。

  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
なとわ・えさん道の駅サイド、海岸沿いでキャンプ
まこ

まこ

ちょうど蕎麦の花が満開な時期(9月初旬)です。早速、私達のお気に入りの蕎麦屋、辰巳町の「万五郎そば」へ。メニューは十割そばのみで、生わさびがたっぷり付いてきます。

なとわ・えさん道の駅サイド、海岸沿いでキャンプ
しん

翌日は私達のもうひとつのお気に入り「高遠蕎麦ますや」がある高遠町へ。高遠町はそば切発祥の地と呼ばれています。

  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
まこ

まこ

私は焼味噌でいただく高遠そばがお気に入り。

しん

個性的な各種十割そばも選べます。自分は“甘皮多めの黒く太い十割「田舎」”がお気に入り!
蕎麦三昧の後は、今回初めて木曽ヒノキの自然林がある木曽町へ行ってみました。

なとわ・えさん道の駅サイド、海岸沿いでキャンプ
  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
まこ

まこ

木曽町、赤沢自然休養林は日本三大美林のひとつで、天然木曽ヒノキの森があります。

しん

木の畑の様な人工林と違って自然林はとってもパワフル。ヒノキの巨木に囲まれるなんて幸せ過ぎます。

  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
まこ

まこ

お伊勢さんに奉納された木の切り株がいくつかあったね。

しん

お伊勢さんにお参りに行くと、「木曽地方から来たヒノキも使われているんだな~」と思うけど、その地に立ってみると、「ここで育ったヒノキがお伊勢さんに行くんだな」と感慨深いね。

おまけ 三重県お伊勢さん

なとわ・えさん道の駅サイド、海岸沿いでキャンプ
しん

4か月のノマドキャンプ生活を終え、長野県から9月中旬に一時帰宅(結局、124泊125日のキャンプ旅でした)。その後、一週間もしないうちに移動再開、各地の友人の家に泊まりながらお伊勢さんに向かいました。

まこ

まこ

お伊勢さんの森は本当に素晴らしい!巨木が沢山あって神宮と神宮の遷宮を支えているんだなと思ったよ。

しん

いままでもこれからも、各地の豊かな森林が神様宿る神社を支え、私達の生活も支えてくれているんだなと実感。神社の参拝をしに来たような、巨木に会いに来た様な不思議な旅でした。

なとわ・えさん道の駅サイド、海岸沿いでキャンプ
  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
  • 東北北海道ノマドキャンプ南下編
まこ

まこ

お伊勢さんの後は、京都の友人宅。そして再び“したみち”で移動して9月末に地元湘南・茅ヶ崎に帰宅。
10月は、半分長野県、半分茅ヶ崎で過ごしました。11月は再び奄美大島・長男家族との合宿生活です。次回レポートしますね、お楽しみに!

伸とアミナコレクションの関係をもっと詳しく知りたい!▼
40 years with Nepal 連載一覧へ
この記事が好きなあなたにおすすめ▼
常若の精神で新年を迎えるには?~伊勢神宮の遷宮に倣う
ノマド夫婦 伸&まこ

筆者プロフィール:ノマド夫婦 伸&まこ

元アミナコレクション商品本部長の伸とヨガ先生まこの仲良し夫婦。
息子二人はそれぞれ結婚していて可愛い孫娘が一人。
生活の様な旅(旅の様な生活?)をイメージして早期退職、翌日からネパールロングステイ。
11月は再び奄美大島・長男家族との合宿生活です。あったか~い!

  • SNS:
  • Instagram
 
ノマド夫婦のまとめ

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE