美食の国イタリアのふるさと料理

イタリア料理と聞いて、みなさんは何を思い浮かべるでしょうか。
パスタ? ピザ?

日本ではどれも「イタリア料理」として一緒くたに呼ばれていますが、実は本場イタリアでは、「ナポリ料理」、「ミラノ料理」、「ローマ料理」…などと、地域や採れる食材によって、調理法や味付けがまったく異なります。

ひとくくりに「イタリア料理」というものは存在せず、イタリア国内20を超える州のそれぞれに郷土料理があり、それぞれが異なるイタリア料理なのです。

その土地の歴史や文化が根付いている郷土料理は、どこの地域でも地元の人々から深く愛されています。
特に美食の国イタリアでは「自分の土地の料理が一番おいしい」との意識が強いです。

さて、ここからは、北イタリア、南イタリアの2つに区分して、具体的な地方の代表料理を紹介していきます。

北イタリア

アルプス山脈の麓にあるイタリア北部には、ヨーロッパ最大級の都市「ミラノ」や水の都「ヴェネチア」が位置します。

地中海の恩恵を受けて温暖である南イタリアとは違って、冬には雪が積もるほど寒冷な気候が特徴的。
そのため、冬の寒さの中でも食べ応えがあるような、こってりとした濃厚な味付けの料理がよく見られます。

【リゾット】

お米を使ったリゾットは、北部の特徴的な料理の一つ。
イタリアはヨーロッパ第一のお米の産地であり、食卓になじみ深い食材でもあるのです。

ちなみに、イタリアではお米はパスタの一種。
お米の調理方法は「炊く」のではなく、パスタと同じく「茹でる」のが一般的です。

味付けはゴルゴンゾーラチーズなど、乳製品を使った濃厚な味わいが好まれます。

【カルパッチョ】

ヴェニチアは、カルパッチョ発祥の地といわれています。
カルパッチョというと、日本では生魚を思い浮かべますが、イタリアでは伝統的に牛肉が用いられます。

牛肉を薄く叩いて、バルサミコ酢ベースのソースを上からかけて食べるのが、北イタリア流です。
お肉と合うとされる赤ワインと一緒にどうぞ。

南イタリア

イタリア南部には、美食の街「ナポリ」や地中海最大の島「シチリア島」が位置します。

地中海沿岸ということもあり、温暖で乾いた土地柄です。
そのため、オリーブの栽培に適しており、生産・輸出ともに世界一。

新鮮な野菜や魚介類も豊富に採れるため、素材そのものを活かしたさっぱりとした味つけが好まれます。

ちなみに、日本でのおなじみのトマトやオリーブオイルを使ったイタリア料理は、南イタリアの郷土料理です。

【ピザ・マルゲリータ】

トマトソース、モッツァレラチーズ、バジリコと、シンプルな味付けのピザ。
まるで色味が、赤、白、緑とイタリアの国旗のようで、まさにイタリアの国民食とも言えます。

ちなみに、南イタリアでは、生地本来の味を楽しむため、もっちりと縁の厚い生地が使われています。

【ボンゴレビアンコ】

ボンゴレビアンゴは、地中海産のあさりを使ったナポリ発祥のパスタ料理。
ちなみに、直訳すると、ボンゴレはあさり、ビアンゴは白という意味です。
味付けは白ワインでさっぱりと仕上げて、魚介本来の味を楽しみます。


イタリアで食卓を囲むことは、家族・地域の絆を深めること。
そのため、ピザやパスタなど、皆で談笑しながらシェアできる料理が発展したといえるでしょう。

そんな素敵な食文化を持つ美食の国イタリアからエプロンが入荷しました。

↑画像クリックで、商品詳細ページへ

イタリア料理の要、ピザの文字とイラストを全面にあしらい、美食の国の風格を漂わせます。
料理タイムが楽しくなること間違いなし。
また、ホームパーティーなどの華やかな場面で纏っても違和感がないほど、色彩とデザイン性が際立つ一枚です。

「パン」と「パスタ」のシリーズも展開しています。
どれもイタリアを代表する料理が、まるで本物のように美味しそうに描かれます。

↑画像クリックで、商品詳細ページへ

普段の食卓にさっと纏うだけで、自作のパスタもきっと一味違うかも!?

↑画像クリックで、商品詳細ページへ

壁にさりげなくかければ、部屋のインテリアとしても楽しめます。
まるでヨーロッパの可愛いキッチンを思わせる、素敵な空間に早変わり。

どれも欧州航路の店舗・オンラインショップにて、購入できます。

欧州各地にはそれぞれの歴史に紐づく伝統に裏打ちされた、ストーリーとそれにまつわる素敵なモノに溢れています。
そんな素敵なモノが生活のなかにあることで毎日がちょっと豊かに。
「日常の中の小さな幸せ」を感じてもらえるようなモノづくりを目指しています。

欧州航路のショップリストはこちら
https://www.amina-co.jp/shop-list/oushuukouro


  • Twitter
  • Facebook
  • LINE