お買い物
2021/12/25 00:00

金運アップの春財布のすすめ

新春から春先にかけて買う「春財布」は、お金で財布がパンパンになる「張る財布」とも云われ、縁起がいいと云われています。
そこで年始を迎えるタイミングこそ、新しい財布を迎え入れてみてはいかがでしょうか。

 

吉日にお財布をおろせば、きっと気分も晴れやか。
金運アップを表す定番カラーの黄色や、来年の干支「寅」があしらわれたデザインが、巷では人気を博しています。

~CAYHANE’s ITEM~

チャイハネでは、金運アップに嬉しい金色のカラーや新年の干支をあしらったデザインのお財布を多数展開しています。

↑上記画像クリックで、詳細ページへとびます

「金の気」を持つ黄色の財布は金運を呼び込むと人気があります。

↑上記画像クリックで、詳細ページへとびます

干支が描かれた山羊革の小銭入れは、生まれ年の干支が「無病息災・厄除け」のお守りに。
その年の干支を飾り「家内安全・商売繁盛」を願い、人に贈ることで「招福・長寿」を授かる縁起物となります。

~山羊革細工に宿る、伝統技術の結晶~

上記で紹介した財布は、すべて職人の手作りによる「山羊革細工」で作られています。
今回は、山羊革細工に宿る職人の魂と、伝統的な技術の結晶を紹介します。

インド・コルカタ地方の伝統工芸のひとつといえば、「山羊革細工」があり、財布やカバンなど、カラフルに加工されて今や世界中に輸出されています。

山羊革は、「薄くて、強度を保てて耐久性がある」という加工に適した性質が特徴的です。
もちろん使うほどにツヤが出て、味がある風合いになり手に馴染みます。
特に、インドの山羊革工芸はカラフルでとても鮮やか。
また、加工法によっては、ツヤのある美しいガラスのような光沢が出ます。
 

ひとつひとつ手作業で磨き、筆で着色した一品。長く愛用したい小物にぴったりの素材といえるでしょう。


ハンドメイドで仕上げたインドの山羊革は、使う度に手に馴染み、唯一無二のあなたの財布として個性を発揮してくれること間違いなし!

金運アップカラーの黄色やその年の干支モチーフのデザインを身に纏って、新年を縁起の良い年にしましょう。

↑上記画像クリックで、特集ページへとびます


  • Twitter
  • Facebook
  • LINE