ラトビアの手編みミトンに魅せられて

バルト三国の一つ、中世の歴史と雄大な自然が残る「ラトビア」には、厳しい冬の寒さに耐えうるため、暖かな編み物が伝統として古くから伝わっています。

中でも三角あたまのミトンは、その見た目の可愛さと保温性から、ラトビアの人々だけでなく、世界中で愛されています。

今回は、そんなラトビアで愛される伝統的なミトンを紹介します。

~バルト三国の小さな国、ラトビア~

ラトビアは、バルト三国の真ん中に位置する、小さな国です。
国土の多くを美しい森と湖に囲まれており、その美しさゆえにバルト海の真珠ともいわれています。

また、そんなリガには「リガ中央市場」というマーケットがあり、雑貨だけでなく果物や野菜などの食べ物が売られています。
ヨーロッパ最大級の市場に匹敵するこの付近では、有名な編み物のお店も立ち並んでいるようです。

~魔法の力が宿る、ミトンの魅力~

ラトビアでは、ミトンには魔法の力が宿ると信じられています。
ラトビア女性の嫁入り道具でもあり、嫁ぎ先へ送るミトンをひとつひとつ違う柄で編んだそうです。
そして同じものがふたつと無い、柄のひとつひとつに意味が込められており、幸せを願ったり、厄を払うようにおまじないを込めたりしたんだとか。

この素敵な風習のお話は今でも語り継がれており、ラトビアミトンは幸せが詰まった魔法のアイテムとして、世界中から愛されています。

手首にあるねじれた編み目は、“キヒノヴィッツ”と呼ばれる伝統技法を取り入れて、編まれています。
由来は、エストニアの小さな島にある“キヒヌ”で、バルト三国で編まれるミトンに多く見られる手法です。

~そんなラトビアからミトンが届きました~

ラトビアより、このラトビアミトンが届きました。現地の職人によって、ひとつひとつ手編みされたハンドメイドのアイテムです。
オンラインショップでも、店頭でもご用意しております。

柄は種類豊富に揃えました。
その繊細で美しい編み模様に、手編みの魅力を感じます。
世界にひとつのミトンを見つけられますように。


 

▼ラトビアミトンの詳細ページは下記URLから▼
https://www.cayhane.jp/shop/e/eosyu1016/

欧州各地にはそれぞれの歴史に紐づく伝統に裏打ちされた、ストーリーとそれにまつわる素敵なモノに溢れています。
そんな素敵なモノが生活のなかにあることで毎日がちょっと豊かに。
「日常の中の小さな幸せ」を感じてもらえるようなモノづくりを目指しています。

▼欧州航路のショップリストはこちら▼
https://www.amina-co.jp/shop-list/oushuukouro


  • Twitter
  • Facebook
  • LINE