Native American Symbol

チャイハネのCAMPシーンは、ネイティブアメリカンの聖地、セドナの大地からインスピレーションを受けている。チャイハネでは、デザインにネイティブアメリカンモチーフの柄や刺繍を施すことが多く、チャイハネファンの方々には、すっかりおなじみかもしれない。
今回は、チャイハネの真髄ともいえる、「ネイティブアメリカン」について、紹介していく。

ネイティブアメリカンの人々は、1つ1つのモノに精霊の魂が宿っていると考える精神を持っている。モチーフにはそれぞれ意味が込められて、セドナの過酷で乾いた大地で暮らしていた彼らの、自然への恐れや尊敬や恵みを求めた想いが込めているものが多くある。

↓ネイティブアメリカンのシンボルの詳細は、下記画像をクリック

様々な意味を持つ、ネイティブアメリカンのシンボル。自身の身を守るといわれるターコイズと共に。

例えば、サンダーバードは、風を吹かせて雷を呼び雨を降らせるという、雨の恵みを求める意味がある。ココペリは、大地と豊穣の精霊で、ココペリがいなくなると大地が枯れてしまうと考えられていて、ココペリが倒れていたりいなくなったりすると、その大地は死んだと言われてたり、ドリームキャッチャーも、子供が悪に捕まらないように、子供部屋には必ず置かれていたり、調べれば調べるほど面白い。


↓「ドリームキャッチャー」の商品紹介ページは、下記画像をクリック

魔よけにセージを使ったり、1つ1つのモノには精霊が宿ると信じている彼らと、神社で厄払いしたり、モノを大切にしないと罰が当たる、と思っている日本人は、どこか似ている気がする。日本でもネイティブアメリカンのデザインが人気なのは、見ていてカッコイイだけではなくて、モチーフに込められた意味にどこか共感できることがあるから惹かれているのかなぁと思う。

自然への恐れや尊敬から生まれたモチーフをデザインしたアイテムをインテリアに取り入れれば、屋内にいても自然と共存できている感覚になれるし、本来似た精神を持っているはずの現代の日本人が忘れかけてしまっていることを日々思い出させてくれる気がする。


最後に、一番ネイティブアメリカンに惹かれるところを考えてみたい。部族の結束がつよくて、持っているものを持っていない人に与えるのが当たり前だと思っていて、人間のことも、皆、兄弟と思っているところ。それによって辛い歴史もあるけれど……誌面には書けないこともあるので、興味のある方は、是非詳しく調べてみてほしい。


  • Twitter
  • Facebook
  • LINE