2022.10.24

正月にしめ縄を飾る意味とは?しめ縄の種類やルール・おすすめ商品とともにご紹介

少しずつ気温も下がり、そろそろお正月の準備をしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。おせち料理など、正月料理のほかにぜひ用意したいのが、お正月飾りです。門松や鏡餅とあわせて、「しめ縄」を玄関に飾ってみるのはいかがでしょうか。

そこで、今回の記事では、お正月にしめ縄を飾る意味やしめ縄の種類・ルールなどをご紹介します。最後に、しめ縄のおすすめ商品も掲載していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

正月にしめ縄を飾る意味とは?

みなさんがしめ縄を目にするのは、お正月ではないでしょうか。お正月にしめ縄を飾るのは、この時期に「年神様(としがみさま)」と呼ばれる神様を自宅に迎え入れるためです。

年神様は、お正月にそれぞれの家にやってきて、豊作や幸せ、健康、生きる力などを私たちに授けてくれる存在だと考えられています。

しめ縄の付け方は、玄関の高い位置に飾るのが一般的です。を玄関に飾ることで、「この家は年神様を迎える準備ができている場所です」「年神様をお迎えするのにふさわしい場所です」ということを示すことができます。

正月にしめ縄を飾る意味とは?しめ縄の種類やルール・おすすめ商品とともにご紹介01

また、しめ縄というと、神社にあるものをイメージする方もいるかもしれません。神社にあるしめ縄は、神様が降りた神聖な場所を示したり、現世との境界を示したりするものとして施されています。お正月に自宅で飾るしめ縄には、裏白やミカン、松葉などでアレンジがしてあることが多いです。一般的に、神社にあるしめ縄には、このような飾りは見られません。

正月にしめ縄を飾る意味とは?しめ縄の種類やルール・おすすめ商品とともにご紹介02

ちなみに、しめ縄は漢字で書くと「注連縄」となります。なかなか日常生活では見ない漢字だと思いますが、「注連」には「神様が占める場所」という意味があります。

しめ縄の種類と使われる素材に込められた意味とは?

続いて、しめ縄の種類や、使われる素材・パーツに込められた意味をご紹介します。

しめ縄は主に5種類

しめ縄と一言でいっても、実はさまざまな種類があります。大きく分けての「玉飾り」「輪飾り」「前垂れ」「ごぼうじめ」「大根じめ」の5種類です。

正月にしめ縄を飾る意味とは?しめ縄の種類やルール・おすすめ商品とともにご紹介03

「玉飾り」は、東日本地域でよく見られるしめ縄の種類です。太いしめ縄を輪にし、「さげ」と呼ばれる藁を垂らした形をしています。地域によって異なりますが、裏白、紙垂、ユズリハ、橙、エビ、扇など、あらゆる縁起物がついています。

「輪飾り」は、細いしめ縄を輪にし、紙垂や前垂れ、ユズリハを装飾したシンプルなスタイルです。小ぶりのため、場所を選ばず汎用性が高いのも特徴です。玄関以外にも、キッチンといった水回りに飾る飾り方もあります。

「前垂れ」は、次にご紹介する「ごぼうじめ」と合わせて使われることが多いです。藁をのれんのように垂らした形をしています。

「ごぼうじめ」は、その名の通りごぼうのような形のしめ縄です。右から左にかけて細くなっており、これは「左綯(ひだりな)い」と呼ばれます。普段のしめ縄は左から右にかけて細くなる「右綯(みぎな)い」ですが、お正月に飾るしめ縄は特別であるため、「左綯い」となっています。ごぼうじめに前垂れを組み合わせた形のしめ縄は、西日本地域で多く見られます。

「大根じめ」は、ごぼうじめと似ていますが、中央が太くなっている形のしめ縄です。両端が細くよりあわされているものを「両端じめ」や「両じめ」と言うこともあります。

しめ縄に使われる素材の意味

正月にしめ縄を飾る意味とは?しめ縄の種類やルール・おすすめ商品とともにご紹介04

しめ縄には、さまざまな縁起物が使われます。それぞれに込められた意味があり、たとえば、しめ縄によく使われる紙垂は「神聖・仕事運上昇」を表し、ユズリハは「家を代々守る、子孫に受け継がれる」ということを表します。また、橙は「家が代々続く」こと、裏白は「白髪長寿や子孫繁栄」を祈願しています。

ほかにも、鈴や矢は「邪を払う」ものとされていたり、梅は「春にどの花よりも先に咲き、人々を嬉しい気持ちにさせる」ことから、「豊かな生活」を表すものとされていたりします。

また、しめ縄は稲を用いて作られることが多いですが、この稲にも「豊穣祈願」という意味が込められています。さらに、水引きは「汚れを清める・人脈良縁」を表します。

しめ縄を飾る期間や処分方法などのルールは?

ここからは、しめ縄を家に飾る期間や、しめ縄の処分方法など、しめ縄にまつわるルールについてご紹介します。

正月にしめ縄を飾る意味とは?しめ縄の種類やルール・おすすめ商品とともにご紹介05

しめ縄を飾り始める期間は地域によって異なります。最も早い場合だと正月事始めの12月13日以降に飾ります。原則として、末広がりの「八」がつき縁起が良いとされているため12月28日に飾ることが多いです。

一方、できれば29日と31日に飾ることは避けましょう。29日は「二重苦」を連想させるため縁起が悪く、31日は「一夜縛り」と言って元日まで1日しか時間がなく、神様に失礼だと考えられているからです。

また、しめ縄を片づけるのは松の内が終わる1月7日が一般的です(関西などでは1月15日)。縁起が良いものだからといって、いつまでも飾っておくのではなく、きちんと処理を行いましょう。

理想の処分方法は、小正月である1月15日(またはその近くの日)に神社や地域で行われる「どんど焼き」や「お炊き上げ」に持っていくことです。これは、ほかの正月飾りや、古いお守りなどと一緒に燃やす行事です。

もし、どんど焼きの日に都合がつかなかった場合でも、神社に納めて焼いてもらうこともできます。お近くの神社に問い合わせてみてくださいね。もし自宅で処分したいという場合は、塩でお清めをしたあとに紙などで包んで、ごみとして出しましょう。

また、しめ縄を飾る・下ろす期間は地域によって違いがあるため、お住まいの風習やマナーに合わせましょう。

【種類別】しめ縄のおすすめ商品

最後に、種類別のしめ縄のおすすめ商品をご紹介します。どのしめ縄もシンプルで場所を選ばず飾りやすいため、これまでしめ縄を自宅に飾ったことがない人にもぴったりです。ぜひ、お気に入りのしめ縄を見つけて、飾ってみてくださいね。

水引き付き飾り3選

まずは、「汚れを清める」意味を持つ水引きが付いた輪飾りをご紹介します。

【新商品】輪飾白金水引(税込2,640円)

正月にしめ縄を飾る意味とは?しめ縄の種類やルール・おすすめ商品とともにご紹介06

豊穣を願う「稲」を用い、水引きが付いたシンプルかつ上品な商品です。場所を選ばず汎用性が高いのも嬉しいポイントです。
※しめ縄アイテムは11月上旬入荷予定となっております。

【新商品】長輪飾水引(税込2,860円)

正月にしめ縄を飾る意味とは?しめ縄の種類やルール・おすすめ商品とともにご紹介07

豊穣を願う「稲」、水引きに加え、神聖を表す「紙垂」が付いた商品です。紙垂が良いアクセントになっています。

【新商品】輪飾水引(税込1,980円)

正月にしめ縄を飾る意味とは?しめ縄の種類やルール・おすすめ商品とともにご紹介08

紙垂や水引、稲に加え、邪を払う「鈴」が付いた商品です。小ぶりなサイズでどのような場所でも飾りやすいのが特徴です。

そのほかの輪飾り5選

続いて、そのほかの輪飾りを5つご紹介します。

【新商品】垂輪飾梅(税込2,310円)

正月にしめ縄を飾る意味とは?しめ縄の種類やルール・おすすめ商品とともにご紹介09

稲と合わせて、豊かな生活を意味する「梅」がアクセントになった商品です。サイズも小さめで、飾りやすいのが嬉しいポイントです。

輪飾破魔矢(税込2,420円)

正月にしめ縄を飾る意味とは?しめ縄の種類やルール・おすすめ商品とともにご紹介10

紙垂、稲のほかに、邪を払う「矢」と「鈴」が付いた招福祈願の輪飾りです。紅白が華やかな印象を与えます。

輪飾鈴(税込2,530円)

正月にしめ縄を飾る意味とは?しめ縄の種類やルール・おすすめ商品とともにご紹介11

紙垂と稲を用い、岩座ならではの藍色の縄が特徴の商品です。シンプルながら上品な印象を与えることができます。

交通安全飾紙垂(税込1,650円)

正月にしめ縄を飾る意味とは?しめ縄の種類やルール・おすすめ商品とともにご紹介12

車用の正月飾りです。紙垂とあわせて、邪を払う「矢」と「鈴」が付いた交通安全祈願の輪飾りです。ご自分の車にはもちろん、プレゼントとしてもおすすめです。

いかがでしたか?
この記事では、お正月にしめ縄を飾る意味や、しめ縄の種類とそれらに込められた意味、飾る期間や処分時のルール、そして最後におすすめの商品をご紹介しました。

しめ縄は、単なる飾りではなく「自宅が神様を迎える準備ができています」ということを表しています。こういった意味を知ることで、よりしめ縄を飾ることが楽しくなるのではないでしょうか。

ぜひ、最後にご紹介したしめ縄のおすすめ商品をご自宅に飾って、日本らしい「和」の雰囲気を感じながらお正月を迎えてみてくださいね。

天然石の買い付けをしにアメリカへ?気になる方はこちら!

デンバー出張記2022

この記事が好きなあなたにおすすめ!

七五三で子どもの成長をお祝い|神社への参拝で心に残るひとときを


  • Twitter
  • Facebook
  • LINE