グルメ大国「マレーシア」ってどんな料理があるか知ってる?

マレーシア料理って食べたことありますか?
あまり馴染みのない方も多いかもしれませんが、日本人好みの味付けのものも多く、いろんな味を楽しめるグルメ大国として有名なんですよ!

マレーシア料理とは

多民族国家として知られるマレーシアには、大きく分けてマレー系、インド系、中国系の3つの民族が暮らしています。それぞれ民族ごとの食文化を大切に守りながら暮らしているので、マレーシアでは様々な国の料理を楽しむことができるんです。

とはいえ、インド料理にしても中国料理にしても、本土で食べるものと全く一緒かと言われるとそうではありません。それぞれの食文化同士が影響しあっていく中で、少しづつ味わいに変化を遂げていったものもあります。

そしてその結果、それぞれの食文化を融合して確立された、マレーシアでしか味わえない独自の料理も誕生しているんですよ。

マレーシア料理

マレーシアの国民的朝ごはん「ナシレマ」

中でも、マレーシアの国民的朝ごはんとも言われる「ナシレマ」は、マレーシア国内であれば基本どこに行っても食べられるとっても人気な料理です。
マレーシアに行ったことがある人なら、一度は見たことがあるのではないでしょうか?

ココナッツミルクで炊き上げたふわっとしたご飯に、煮干し、きゅうり、ピーナッツ、卵などの具材が乗せられ、サンバルというソースを添えられて提供されます。

ナシレマ

それに加え、お店によって唐揚げや羊の煮込みなどのトッピングが加わることもあり、それらを混ぜながら食べる絶品料理です。

お店によって具材やサンバルの味は異なるので、自分好みのお店を探すのもマレーシアの人にとっては楽しみの一つなんだとか。

民族それぞれの昔から受け継いできた食文化を大切にしながらも、こうしてみんなで美味しく食べられる料理があるのは素敵ですね。

マレーシアの定番料理5選

ナシレマはマレーシアを代表する国民食ですが、それ以外にもマレーシアには美味しい定番料理が沢山あります。

マレーシア版ラーメン「ラクサ」

マレーシア料理の中で私の一番のお気に入りは、このラクサです。
日本でいうラーメンみたいなものですが、地域やお店によって全く異なる味わいを楽しめます。ラーメンにも味噌や塩、豚骨などの種類があるのと同じですね!

酸っぱ辛い味わいの「アッサムラクサ」や、カレー味の「カレーラクサ」、ココナッツベースの「カトンラクサ」など、他にもたくさんの種類があるので、いろんなものを食べ比べてお気に入りの味を見つけてみてください。

ラクサ

マレーシア風炒飯「ナシゴレン」

ナシゴレンというと、インドネシアを連想される方も多いのではないでしょうか?
もちろんインドネシアでも食べられている料理ではありますが、マレーシアでもとっても多くの人に食べられている国民的料理なんですよ!

マレーシアで食べられるナシゴレンは、マレー風、中華風、インド風だけでなく、その他の国の特徴を捉えた様々な種類のものがあり、使う具材や味わいも様々。
毎日食べたとしても、なかなか飽きません!

マレーシア風炒飯「ナシゴレン」

甘辛い焼きそば「ミーゴレン」

こちらもインドネシアにも存在する焼きそば風の料理です。
使われる具材や調味料はナシゴレンとほとんど一緒で、主食がお米か麺かというのが最大の違いです。

屋台ではたくさんの種類のミーゴレンがずらっと並んでいることも多く、そこから好みの食材が入ったものを選ぶこともできるみたいです。

見た目は焼きそばそのものですが、日本で食べられる焼きそばとはまた違った魅力があるので、是非一度試してみてください!

甘辛い焼きそば「ミーゴレン」

ケチャップを使わない「チキンライス」

チキンライスは日本でもお馴染みの料理ですよね。オムライスには欠かせません。
ですが、マレーシアで言うチキンライスは、私たち日本人が想像するものとは少し異なります。

大きなチキンと、それを茹でた出汁で炊き上げたご飯を一緒に食べる料理で、優しい味わいが特徴的な料理です。

お店によってはチリソースがかかっていたり、醤油や薬味をかけて食べたりと、こちらもお店によってバリエーション豊富!

ケチャップを使わない「チキンライス」

おつまみ焼きかまぼこ「オタオタ」

マレーシアのローカルフードとしてよく名前が挙がる「オタオタ」。
新鮮な魚や小エビのすり身を唐辛子や香辛料で味付けし、バナナやココナッツの葉で包んでじっくり焼き上げた料理です。
おつまみとしても大人気で、お酒によく合います。

1つ数十円ほどで食べられるお手頃価格ですが、観光地などでは高い可能性もありますので、美味しすぎて高額にならないよう注意です!

おつまみ焼きかまぼこ「オタオタ」

マレーシアの食事事情

各家庭で自炊することの多い日本に比べ、マレーシアでは外食文化が定着しています。
朝6時から夜11時ごろまで営業している大衆食堂や屋台なんかも沢山あるので、朝昼晩3食すべてを外食で済ませる人も珍しくありません。

マレーシアの食事事情

海外で食事をするとなるとちゃんと注文できるか心配になることもあるかもしれませんが、多民族国家のマレーシアでは、例えマレー語や英語が話せなくても身振り手振りで通じることも多いので、海外初心者の人でも安心です。

特に屋台などは実際に現物を見て決められるので、気の向くままに食事を楽しめます。

食べすぎ注意!

美味しい料理が多いが故、食べすぎには注意が必要です!
アジアの中でもマレーシアは特に肥満が多い肥満体国として知られているんです。

日本人もマレーシアに行ってから太ってしまったなんてこともあるあるみたいです。

そこでマレーシアは、独自の政策「砂糖税」を導入することで肥満率軽減を目指す動きをしているそうです。簡単に説明すると、砂糖がたくさん入った飲み物に課せられる税金です。

この政策は本当に効果があるのかは少し疑問ですが、節約のためにも甘い飲み物は控えて、健康を意識した食生活を行いましょうね!

マレーシア 肥満

さいごに

多民族が一緒に暮らすマレーシアは、食文化も多種多様。
定番料理を挙げたとしても、それぞれの民族に合わせた味付けが出てくるので、いろんなバリエーションが楽しめるのが最大の魅力です。

マレーシア料理を食べる際は、是非いろんなバリエーションを試してみて、お気に入りの味付けを見つけてみてください。


  • Twitter
  • Facebook
  • LINE