【今月の石】アパタイト

新緑の頃。
天高く泳ぐこいのぼりが、空の青さに輝いて見えますね。

五月は皐月(さつき)。
皐という字は、沢の岸辺など、水際を表す言葉です。
六月という豊潤な水の季節の手前を表しているのでしょう。
そんな五月は、お子様の成長を願う【端午の節句】があります。

本日は、そういった五月にふさわしい、岩座の石をご紹介します。

~癒しの石、清澄の石~

【アパタイト】という石をご存知でしょうか。
もしかしたら、天然石を扱うお店で見かけることは多くないかもしれません。

アパタイトは落ち着いた青色をまとった石です。
真っ青に澄んだ色のものもあれば、シャリシャリとした繊維のようなものが見えるものもあったり、実に様々な表情を持つ石です。

そんなアパタイトには、【心身浄化】や【自分を律する】、【絆を強める】といった効果があります。

近年、「浄化」や「清める」という言葉をよく耳にするようになりました。
不特定多数の人々と関わる社会において、どんなに心の強い人でも神経はすり減ってしまいます。
それこそ今は、娯楽に励んでも良いのだろうか、という疑問すら抱いてしまう。
そういう時だからこそ、セルフケアのひとつである「浄化」は私たちが今一番必要としていることです。

浄化の石といえば、水晶を思い浮かべる方が多いかもしれません。
しかし、実は浄化を得意とする石は水晶だけではないのです。
アパタイトもそのひとつ。
特にアパタイトは「心を清らかに保ち、体を癒す」という、私たち自身を浄化してくれる、とても持ちやすい石なのです。

見た目も清らかなアパタイトの色は、日本の伝統色である【藍色】によく似ています。

~勝利の「藍色」~
 
藍色は日本を象徴する色であり、日本独自の染色技法である藍染は、海外から「ジャパンブルー」と呼ばれています。

そんな藍色は、古くは【褐色】と呼ばれていた色です。

褐色、すなわち「かちいろ」「勝色」。

その縁起の良さから、武士のまとう甲冑は藍色が多く見られました。
戦の成功武運を願ったり、願掛けをするに適した色なのです。

そうした吉兆を呼ぶ藍色、その色を持つアパタイトにも同じように、自分を律し、成長を促す効果があります。
お子様の成長を願う御守に、自分自身の成功成就に、アパタイトを持たれる方も多いです。

~自律と思いやり~

アパタイトの持つ効果のひとつに、【自分を律する】というものがあると述べました。
では、自分を律するとは、どういうことでしょうか。

日々を見返してみると、私たちは自制と規律の中で生きています。

社会に貢献するにも規則的な流れがあり、海外の人から「日本人は勤勉である」と評価されます。
他者のために従事したり、自分以外の何かに気を配る能力に長けているのが日本人だと言えるのではないでしょうか。

そういった他人を思いやること、誰かのために行動を起こすことが【自分を律する】ことではないかと私は思います。
それが基盤となって、人との絆が育まれるのだろう、と。

アパタイトは【絆を強める石】でもあります。人を思いやる心が絆を強くしていくのです。

アパタイトはそんなふたつの働きを助けてくれるのです。

アパタイトの楽しみ方~

清め、縁起、自律、そして絆。
素敵な言葉が立ち並ぶアパタイトという石。

はじめにアパタイトのことを【岩座の石】とご紹介しました。
岩座はアパタイトの特徴のひとつである、藍色を大切にしています。
そして、岩座は皆さんへ伝統ある癒しのひとときをお届けしたいと考えています。

そして、アパタイトは癒しと調和を得意としています。

見た目の美しさしかり、空間の調和しかり、私たちが愛すべき要素をその体に秘めた石がアパタイトなのです。

「なんだか最近疲れやすいな」
「どうにも気持ちが晴れないな」
「気分を一新したいな」

そう感じた時、アパタイトに助けてもらうといいかもしれません。
今まで天然石というものに触れたことがない方でも、インテリアとしても楽しめますし、大変扱いやすい石でもあります。

プレート状に切り取られた原石は、アパタイトという石の表情がはっきり見ているだけで楽しくなります。
チップ状に加工したものですと、透明度がはっきりとわかり、ガーデニングやアクアリウムに差し入れたりすることで、とても愛らしい空間を演出してくれます。
アパタイトひとつで、印象がこんなにも違うのです。

お部屋の印象が変われば、心も変わる。
気分転換に模様替えをするのと同じですね。

アパタイトだけでなく、天然石にはそんな力があります。
そして、それに付随して今欲しいものは何か、そんなふうにして今自分に必要な石を選ぶのです。

岩座では多くのブレスレットにこのアパタイトを差し込むことで、皆さんへと贈る心を表現しています。
ブレスレットを探す際の参考にしてくださいね。

↓下記画像クリックで、商品詳細ページへ

岩座といえばアパタイト。
アパタイトは私たちを繋ぐ絆の石。
皆さんの心に残ると嬉しいです。


  • Twitter
  • Facebook
  • LINE