岡山デニム×光延半纏で冬支度

朝晩冷え込む昨今、寒さが身に染みる今日この頃です。

そんな中、寒い冬にかかせないさっと羽織れてほっと暖かさに包まれる日本の防寒着、半纏(はんてん)のご紹介。

「着る布団」といわれる半纏(はんてん)や奴(やっこ)は毎日使うものだから、素材や質感よく、着心地のよいものだと気持ちもあがりますね。
 

~DENIM×半纏・奴~

↑上記画像クリックで、詳細ページへとびます

カヤでは、ちょっとそこまでのそぞろ歩きでも冬の定番にしていただけるように、岡山デニムを使用し、1961年創業の福岡県筑後地方の代表的な織物である「久留米織り」の織元「光延織物」で半纏を製作仕上げしていただきました。

光延織物が作る半纏は、わたをたっぷりと詰め込んだ仕様で作りは布団とまるで同じ。
日常を幸せにしてくれる優れた逸品です。

 

↑上記画像クリックで、詳細ページへとびます

裏地に施された目を惹く和模様と色彩が、印象を様変わりさせます。
秋冬の一歩先のお洒落を愉しみましょう。

↑上記画像クリックで、詳細ページへとびます

【菊のデニム奴】

↑上記画像クリックで、詳細ページへとびます

奴(やっこ)は袖がない分、動きやすく、より気軽に羽織れます。
とくに家事やお掃除など、袖まわりが気になるシーンで役立ちます。

裏地には、着物をリデザインした菊柄生地を使用、見えないところもお洒落な一枚です。

↑上記画像クリックで、詳細ページへとびます

しっかり暖かく、デニムの風合いも愉しめます。

【菊のデニム半纏】

↑上記画像クリックで、詳細ページへとびます

腕をしっかりと包んだ、防寒性のある半纏。
どんなコーディネートにも合う、シックなデニムの風合いが格好いい。

↑上記画像クリックで、詳細ページへとびます

ポケットも付いていて、家事や掃除などに快適な仕様です。
裏地は、【菊のデニム奴】と同じく、菊の模様です。

【縄紋デニムメンズ奴】

↑上記画像クリックで、詳細ページへとびます

メンズでも、しっかりと詰まったわたであたためてくれるゆったりサイズの半纏。
岡山デニムのカジュアル感は、いままでの半纏とは印象がかわりますね。
使い込んでいくとなじんでいく生地の過程も愉しみのひとつです。

↑上記画像クリックで、詳細ページへとびます

裏勝りの仕様で、裏生地には大胆に縄模様が力強く表現されています。

【縄紋デニムメンズ半纏】

↑上記画像クリックで、詳細ページへとびます


ボトムスやインナーの柄物を合わせても、格好良くきまります。

↑上記画像クリックで、詳細ページへとびます

裏地は、【縄紋デニムメンズ奴】と同じく、縄紋の模様です。


肌寒さが本格化するこの頃、普通の半纏では物足りないというあなたに。
風合いにこだわった岡山デニム×光延織物の半纏・奴をご用意しています。
数量限定生産になりますので、気になる方は是非お早めにどうぞ。

 


  • Twitter
  • Facebook
  • LINE